肩こり

症状事例

ひどい肩こりが1ヶ月以上続いているエスティシャン。
日によってはかなり頭痛もするとのこと。病院で検査も受けたが脳の異常は見られず、肩こりからでしょうということで鎮痛剤と筋肉弛緩剤を投与されたとのことです。
今日は特に右側の首筋から後頭部にかけての痛みが鎮痛剤を飲んでもあまり変わらないとのことで来院。

当院での治療例

拝見してみると首筋の筋肉(僧帽筋)がかなり硬くなって盛り上がっているのはもちろん、首の骨(頸椎)が右側に捻転(引っ張られた状態)しているのが分かりました。
これも頭痛や肩こりが良くならない原因だったのでしょう。
鍼・指圧・光線を照射し問診を含め約50分かかりました。そのころには頭痛はほとんど消えていました。2日後に再来院していただいたときは、頭痛は治療後無くなったが肩こり感がまだ少し残っているということです。診察すると肩の筋肉の腫れぼったさはなくなり、頸椎の捻転も一昨日ほどではなくなっています。1回目と同様な治療 を施した上、頸椎の矯正を行いました。筋肉がほぐれてきたので無理なく脊椎矯正ができました。その後数日の間隔をあけてもう一度来院していただき治療を終えました。この方の治療代は5900円でした。

院長ブログ facebookページ
初めての方へ ご予約希望の方へ
患者様に合わせた治療